片山さつき議員の貧困高校生に対するツイート

左翼ではないリベラル論者の古谷有希子氏が貧困高校生問題に飛びついたので、私のコメント。

子どものささやかな楽しみすら奪う人びとにとって、「貧困」は差別のためのツールにすぎない – messy|メッシー

問題視された片山さつき議員の8月20日の投稿を紹介します。著者の古谷氏、ならびに読者さまへの参考資料としてご提示いたします。

三点だけ抜き出すと以下の通りです。
・ 当の高校生が経済弱者であるとネット右翼に説教
・ 自民党が進める給付型奨学金の対象者となるのかという心配
・ 現行の貸与型奨学金の金利引き下げ

以下、片山コメント。

拝見した限り自宅の暮らし向きはつましい御様子ではありましたが、チケットやグッズ、ランチ節約すれば中古のパソコンは十分買えるでしょうからあれっと思い方も当然いらっしゃるでしょう。経済的理由で進学できないなら奨学金等各種政策で支援可能!

追加の情報とご意見多数頂きましたので、週明けにNHKに説明をもとめ、皆さんにフィードバックさせて頂きます!

私は子ども食堂も見させていただいてますが、ご本人がツイッターで掲示なさったランチは一食千円以上。かなり大人的なオシャレなお店で普通の高校生のお弁当的な昼食とは全く違うので、これだけの注目となったのでしょうね。

私はたまたまこのニュースはライブで見て、このお嬢さんの夢は絶対叶えてあげたいな、と会議名までメモったので、KAZUYAさん他のTweet拝見して驚きました。今回政府が導入決めた返済義務のない奨学金やその他の生活支援が適用されるようなケースなのか、事実を調べる意味はあると思います。

いいえ、私はこのニュースを見てこういうケースに政府が導入決めた返済義務のない奨学金が活用できるのか、このお嬢さんの夢を叶えてあげたい、とメモったので、今日KAZUYAさん他のTweet見て非常に驚きました。事実を調べる意味はあると。

まさに、その辺の論点に、この会議のメンバーでもあるNHKの取材記者さん及びニュース制作責任者さんに、きちんとしたお答えをいただけばいい話だと思います。

つましい=生活に余裕がなく倹約につとめる様子、ですよ。夏も冷房がつけられないと報道されていたので私はそう感じましたが。

この8月に決定した経済対策の6ページに若者への支援拡充①給付型奨学金については平成29年度予算編成過程を通じて制度内容について結論を得、実現する、と明記させました!この3カ月が内容を詰める時期なんです。
( https://twitter.com/katayama_s/status/767005786744565760 )

経済対策に既存の奨学金9000億円の金利見直し方式適用者には金利を0.01%まで引下げられる事を盛り込んでいます。勿論本質は中小企業の給与引上げ。持続化補助金も賃上げすれば倍増、キャリアアップ助成金活用、取引条件改善等を予定。

古谷氏は国外にいらっしゃいますので、個々の国会議員の政治的態度には詳しくないのかもしれません。現在日本では改憲派と反改憲派が厳しく対立しています。
反改憲派は改憲派による給付型奨学金の創設を阻止すべく情報工作を行っているようです。例を上げれば、新聞でさえも恣意的に抜き出したコメントを改竄した上で掲載し、内容が真逆となるような歪曲報道を行うのです。

キッズドア 渡辺由美子氏による片山さつき議員への捏造中傷記事、ならびに謝罪を求める嘆願書(続報あり)

朝日新聞社による片山さつき( wikipedia.org )議員への捏造報道がありました。ハフィントンポストに有識者による記事という形で、朝日新聞社が責任逃れができるようになっています。

この記事は、特定非営利活動法人 キッズドア 理事長 渡辺由美子氏によるものです。見事なまでに片山議員による説明の逆を書いています。片山議員が公然と説明する中、それと逆の内容をあえて記事にする。これは悪意を持った捏造記事だと判断しました。
片山さつき議員の「子どもの貧困」報道批判は、政治家の恥さらし | 渡辺由美子 ( archive.is: https://archive.is/VGGny )

こういうデマ吐き組織が日本の変革を妨害するのです。自民党の中でも片山さつき議員は給付型奨学金推進派です。推進派にこういうレッテルを貼っては進むものも進みません。せっかく自民党のポピュリスト議員たちが給付型奨学金に乗り気になったのです。キッズドアは自民党政権による給付型奨学金の実現を阻止したいのでしょうか?
高等教育無償化は国際人権規約に明記された権利です。高等教育は高等学校じゃないですよ。大学・短大・専門学校などですよ。給付型奨学金制度は大きな前進なのです。
(ちなみに高等教育無償化は一人あたり36万円程度で可能です。その話は後ほど。)

という訳で、キッズドアwebsiteのメールフォームから嘆願書を送付しました。同様のことを考えている方もいるでしょう。無反応ならばNPOの認定取り消しの署名活動でもしましょうかね。

嘆願書↓

特定非営利活動法人キッズドア様

片山さつき議員への謝罪を求める嘆願書

貴団体の渡辺由美子理事長による、片山さつき議員に対する記事を拝見しました。
この記事は片山議員が表明した内容と逆のことが書かれている捏造記事です。今すぐ片山議員に対して公開の形で謝罪をしてください。

貴団体のように、デマを流し話をややこしくするような勢力が社会の変革を妨げているのです。
下記に片山議員の投稿原本のリンクを紹介し、以上をもって謝罪を求める嘆願をいたします。

なお本嘆願書は、改変をしないことを条件として公開することは構いません。


http://www.dlareme.org/blog/
守谷知

嘆願書内の片山議員のツイートは、嘆願書原本ではリンクテキストのみです。繰り返しますが、嘆願書元本はメールフォームから送信したプレインテキストの文書です。

ハフィントンポストの捏造記事コメント欄でのコメントは↓。このコメント欄初期に投稿した片山議員が給付型奨学金推進派であるという趣旨のコメントは、ハフィントンポスト(=朝日)に消されました。

恥ずかしいのはあなたです。クーラーを使っていないなど、片山さつき議員は「つましい様子」であると、経済的に苦しい状況であるとの認識です。
こういうデマをNPO理事長という肩書の方が平然と流すから、話がややこしくなり物事が進まないのです。片山議員はモデルケースの一つとして給付型奨学金の対象に含まれ得るのかどうか確認するなどをしたいだけです。

片山議員の真意の一つ↓

追記。
なんかこの自称貧困家庭は、一家揃って情報弱者っぽいですよ。私も、貧困か貧困に近い状況だとは思います。
iPhoneでツイッターしながら貧困でございと。スマートフォン=iPhone みたいな、パソコン=10万円みたいな認識なのでしょう。公的な救済制度など詳しくは理解していないのではないですか。

追記2。
話がこんがらがって民進党あたりが問題にして給付型奨学金が政局に利用されて、結果として制度創設が流れる可能性がありますね。
という訳でキッズドアにメッセージを送ってみました。これはイカンと思う方はメッセージを送ってみましょう。

キッズドア 渡辺由美子氏による片山さつき議員への捏造中傷記事、ならびに謝罪を求める嘆願書(続報あり)

 

最後に。ヨットのレースでは、先頭の選手は2番手の選手と同じ操舵をしていれば追い抜かされることがないそうです。民進党がやりそうなことを先回りして手を付けてしまう。こういう安倍政権を支持しています。支持政党は日ころです。

 

2016年08月24日 続報

自民・赤枝恒雄議員のキャバクラ発言。中学までの義務教育だけでは不十分でしょうに。

自民・赤枝恒雄議員「進学しても女の子はキャバクラに行く」と発言
赤枝氏「女の子はキャバクラへ」発言、会合での主な内容:朝日新聞デジタル

これは高等教育の会合ではなく貧困問題の会合ですよね。

赤枝議員は六本木で産婦人科医として女性やLGBTの問題に取り組んでいる方です。AV女優などの相談事にも対応していたようですね。「キャバクラうんぬん」は彼の経験した上でのファクトなのでしょう。
そして大学など高等教育以外でも、義務教育だけでも貧困にはならないような社会はありえるというのが彼の政治家としての信念なのでしょう。そういう話をすでに大学に進学してしまった人たちにするのはズレているとは思います。安倍さんに言ってください。
そして、赤枝議員と奨学金問題とはズレがあるためなのか、批判者も批判そのものがずれている。全文を確認しないで感情的にしか反応できない批判者もカッコ悪い。

赤枝発言を確認した上でさて。中学までの義務教育で社会に出て貧困に陥らないかというと、現代の産業構造ではそれは不十分でしょう。実務の上で高校レベルの社会科学や自然科学の知識がなければ大きなハンデとなります。

ところでバイアスというかなんというか。もし仮に、女性で若くて産婦人科医の野党の国家議員が「キャバクラうんぬん」、「大学に行かなければ貧困となる社会はおかしい」と発言したら別の記事になっていたことでしょう。安倍が悪いとか。

清原和博氏が現役時代に覚せい剤を使っていたとしたら、過去の活躍はインチキということに

サッカー選手のマラドーナ氏も薬物問題を抱えていたけど、サッカーの監督になった。ディエゴ・マラドーナ氏はスーパースターだから許された面もある。清原和博氏も許してやろうよ。という記事。
失敗を許さない社会について思うこと。 | Keep My Word

記事で紹介してあるエピソードは麻薬についてものですね。
対して清原氏が摂取した薬物は覚せい剤です。全く目的が異なるものです。現在のところ清原氏の覚せい剤の使用は、引退後だけではなく現役時代にも使用していたという疑惑があるのです。

疑惑のとおり清原氏の現役時代の成績が覚せい剤の力で築いたとすれば、その1点だけで、彼の野球のキャリアは否定すべきでしょう。失敗を許さいないというよりも、過去の活躍もインチキだったということです。
そのインチキにチームがつき合わされたという意味において、清原氏個人の問題には留まりません。

嗜好品として麻薬を使用していたマラドーナ氏とは違います。

西武ライオンズの本拠地、所沢市の市民より。

原発はサステナブル

原発は必ずしも低コストとはいえません。日本にとっては燃料の調達・備蓄の観点から安定したエネルギーと言えます。海水からウランを採取するコストは在来型ウランの2倍程度まで下がっています。海水ウランは資源量が多いとはいえ限りはあります。一方で太陽光パネルの製造に必要なレアアースも同様に限りがあるのです。
核廃棄物も日本海溝に処分すればよいのです( 日本海溝に国際核廃棄物処分場を建設しよう | DLAREME )。

原発は事故さえなければほぼサステナブルです。

Facebookページ 原発推進(管理人は私です)での議論より。