月別アーカイブ: 2006年6月

お台場海浜公園午前4時

Odaiba_2006-06-28_01

Originally uploaded by Moriya, Tomo.

昨日6/27から28にかけてオフィスに泊まり込みだった。商売繁盛である。

私の職場はお台場にあって、一室からレインボーブリッジが見える(一室とはいってもでかい部屋なのだが)。午前3時半ごろ、寝る前にその部屋でビールを空けていた。
ビールを飲んだら眠くなると思ったのだが、だんだん興奮してきたんだよね。というのも夜明け前の薄明かりの中のレインボーブリッジがいい感じで、アルコールも手伝ってか、とっても幻想的な風景。「うぉー。すげー。」みたいな。

という訳で早朝4時前にオフィスを抜け出して、お台場海浜公園を散歩した。昼間とは別の空気が流れていた。海上に霧が漂っていた。

意外だったのが4時前だというのに結構人がいたのですよ。ボードウォークに座って「一晩中語り合ってました」みたいなカップルとか、砂浜で音楽かけながらビーチバレーのボールでサッカーしている高校生ぐらいの集団15人くらい(サッカーしている男10人と座ってそれを見ている女の子5人)とか。平日なのにね。

ベルギー政府、内部文書でOpenDocument Formatの採用を義務付けへ

ベルギー政府、内部文書でOpenDocument Formatの採用を義務付けへ – CNET Japan

ベルギー政府も政府内部文書のファイルフォーマットとしてODFを採用。また、Open XMLもオープンスタンダードであることを示せれば採用される可能性もある。
今のところ、オープンスタンダードを謳ったMS Officeフォーマットの代替って、ODFしかないからね。

Reference:

“死に切れない”ことを抑止力として電車への飛び込み自殺を防止する

電車への飛び込み自殺の防止策を思いついたので書いてみる。一年前に書いた
DLAREME: 山手線での飛び込み自殺は5億円の損害 – 自殺にもマナーを!
の補足みたいなものだ。

公共インフラである電車が自殺のツールとして使われるのは、実際に死ねるからである(もちろん死ねないこともある)。だったら死なないようにすればいい。

電車の前面にクッションを張ったらどうなるだろう?そうすれば、飛び込み自殺を試みても成功する確率は随分減るはずだ。それに伴い、自殺ツールとして採用されなくなる。

さすがにクッション越しでも電車にはねられれば無傷というわけにはいかないだろう。重傷を負ってしまうが、それはそれで良い。後に続く自殺志願者に対して牽制となるからだ。
死ねるに死ねず、半身不随になったりした自身の姿を想像させることが出来ればよいのだ。自身の惨めな姿を想像させることが出来ればそれが抑止力になる。
もっとも、線路に横たわるといった強攻策を取られるとお手上げなのだが。

なお、この方法を実行しても自殺志願者が電車への飛込みではなく他の手段をとるだけなので、自殺者が減ることは無い。

女性向け恋愛ゲームのヒロイン役の声優がオジサンだった

2006-06-15放送『今日の出来事』で「恋愛ゲームにハマる女性たち」って特集をやっていた。
東京の大きなイベント会場(あれ何処だろう?)で20000人のとある恋愛ゲームファン(女性)が、ライブイベントに詰掛けたとある。
そのイベントが恋愛ゲームのヒーロー役の声優のライブイベントなんだが、以外だったことが1つ。その声優の中にオジサンがま混じっていて、そのオジサンに対しても「キャーキャー」言っているのだよ。そのオジサンもゲーム中では美少年キャラだったりするらしいんだ。

昔、ドラえもんの声優がオバサンだったことを知ったときは子供ごころにショックだったなぁ。その後、料理の達人だって知ってからはトラウマは消えたけど。「ドラえもんのオバサンってスゲー」みたいな感じで。