月別アーカイブ: 2009年7月

人前でのキスは猥褻行為か?

人前でのキスは猥褻行為といえるのだろうか?ある記事を切欠にんな疑問を持った。私は野球には興味がないためか、高校野球がこういうものだとは知らずカルチャーショックを受けている。

これは公然猥褻といった罪に問われるか否かではなく、世間様はどう思うのだろうか?というわけで調べて見た。

調査は人力検索はてなで100人に対しアンケート形式で質問した。人前でのキスの例として上記の記事を挙げた。

結果:
このキスは猥褻行為ですか?
猥褻行為である: 30人
猥褻行為ではない: 70人
(回答者平均年齢35歳)
詳しいアンケート結果はこちら

結果を見て案外と世間様の見る目は穏やかなんだなと。それとも例に上げるキスの選択が結果を左右したのだろうか?例が特殊すぎたような気もする。

Wikipediaに「ヒウィッヒヒー」の記述をしたが即効で削除されてしまった

広瀬香美の「ヒウィッヒヒー」の件。

Wikipediaにヒウィッヒヒーについて加筆したが50分後に消されてしまった。

なお、TwitterのTおよびtがカタカナの「ヒ」とも読めるがこれは間違いであり、Twitterをヒウィヒヒーとは読まない。

Twitter – Wikipedia 2009年7月23日 (木) 09:26; Moriya, Tomo (会話 | 投稿記録) による版

その35分後に関連項目として第3者に加筆された。

広瀬香美 – 日本のシンガーソングライター。Twitterにヒウィッヒヒーという源氏名を命名し、一夜でインターネット上の流行語になったとITmediaによって報じられた。( http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/23/news064.html )

Twitter – Wikipedia 2009年7月23日 (木) 11:09; 124.211.6.99 (会話) による版

自分の書いた箇所を即効で削除されるのは嫌な気分だね。私はまだWikipedianに成りきれていないのか。

飲酒運転の防止を雇用主に求めるのは間違っているよ

 2006年8月に起きた福岡市職員の飲酒運転による幼児3人死亡事故の後、多くの地方自治体が飲酒運転で摘発された職員の処分を厳罰化する一方、懲戒免職処分は「重すぎる」として取り消す司法判断が相次いでいる。

(中略)

 中川暢三市長は「福岡市の事故後、飲酒運転は絶対させないという意識が定着し、それを徹底すべき管理職が懲戒免職になるのは妥当」と判決に憤る。

(中略)

 ◆「厳罰化の勢い弱まれば、悲劇繰り返される」◆

 「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会」共同代表で、飲酒ひき逃げ事故で次男を亡くした佐藤悦子さん(57)の話「命を奪うかもしれない危険な行為をしておきながら、『処分が過酷』とはどういうことか。福岡市の事故から3年たった最近の司法判断は、のど元過ぎれば何とやらという印象だ。厳罰化の勢いが弱まれば、悲劇が繰り返される」

飲酒運転で懲戒免…自治体側の敗訴続出 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

飲酒運転で懲戒免が、組織ぐるみの私刑に見えるのは私だけ?業務中での飲酒運転でもあるまいし、罪を償った人に対して追い討ちをかけるの差別とも思えるよ。

少なくとも飲酒運転の防止を雇用主(この場合は自治体)に求めるのは間違ってると思うよ。なんたって、それぞれの人の勤め先によってバラツキが大きくなるしね。それよりは私は警察の取り締まりやアルコールを検出する自動車に期待したいです。