月別アーカイブ: 2014年4月

韓国メディア・韓国政府のFacebookページへの真実の投稿。続編。

 前回のFacebookページへの投稿の続編。内容からしてかなりエグイ文面になってしまった。

 

    To dear Korean people and Korean media. Maritime accidents has occurred. I’d like to express my deepest sympathy to all those who passed away.

    Japan want to support Korea. I present one example.
    Rescue divers are struggling for bad visibility. Japan has the device of divers for visualizing sound waves. Divers will be able to grasp the situation around as a dolphin in the dark. Moreover, it is sold as a civilian goods rather than munitions.
    If Korea will request, Japan will gather the device from all over Japan for Korea.
    Japan Prime Minister and Japanese people are waiting for the request.

    Korea regard Japan as a rival, And the Korean government knows this visualizing device of course. Why Korea would not request? Koreans will understand the reason.
    Japanese already know. Korean people will not know. Korean media should report this fact.

    Park President said that behavior of the captain was a unforgivable homicide. To whom Korean people should really say that word?

 

[日本語訳]

 親愛なる韓国人と韓国メディアへ。海難事故が発生しました。私は、亡くなったすべての人々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。

 日本は韓国への支援を望んでいます。その一例を挙げます。
救助活動に参加しているダイバーは水中での視界の悪さに手を焼いています。日本には音波を映像化するデバイスがあります。その音響映像化デバイスを使えば暗い水中でも、周囲の状況をまるでイルカのように把握できます。さらに言えば、軍用品ではなく民生品として販売されています。
 もし韓国から要請があれば、韓国のために日本中から音響映像化デバイスをかき集めます。
日本の総理大臣と日本人は韓国からの要請を待ち続けているのです。

 韓国は日本をライバル視しています。韓国政府はこの映像化デバイスをもちろん知っています。しかしなぜ韓国は支援を要請しないのでしょう?韓国人ならば理解できるでしょう。
 日本人は既に知っています。韓国人は知ることができないでしょう。韓国のメディアはこの事実を報道する必要があります。

 朴大統領は船長の行動を許しがたい殺人行為と断じました。韓国人は果たして誰にこの言葉を向けるべきでしょうか?

沈没事故にて、韓国メディアのFacebookページに韓国が日本の支援を断ったことを書いてみた

 韓国は佐世保基地からの在日米軍の支援は受け入れました。海上自衛隊は断られました。これは反日ですね。
 朴槿恵韓国大統領の反日の度が過ぎるので、韓国メディアのKBSMBCSBS中央日報朝鮮日報東亜日報の韓国語のFacebookページにこういうコメントしてみました。韓国人は真実を知る必要があります。

    To dear Koreans and Korean media. Maritime accidents has occurred. I’d like to express my deepest sympathy to all those who passed away.

   U.S. Navy in Japan from Sasebo naval base did go to rescue. But, Japan Navy didn’t go. Do you know the reason? Park President refused cooperation of Japan.
   Malaysia Prime Minister accepted the cooperation of all countries at the airplane incident. However she refused Japan. Koreans will understand the reason.
   She is Korea Military Commander-in-Chief. Her or her staff knows the difference ability of the Japanese Navy and the Korean Navy. It’s not just the number of Aegis destroyer. Japanese Navy has the skill and equipment to rescue from the sinking submarine. Does Korean Navy have?

   Your Korea President decided the priority to the anti-Japan, while the students did messaging in the mobile phone.

   Do you know where Sasebo naval base? It is near to the scene ( http://goo.gl/maps/JIvdJ ). Japanese Navy was able to sail from Sasebo naval base along with the U.S. Navy in Japan. Or, Transport aircraft Osprey of U.S. Marines in Japan was able to carry from Okinawa or Sasebo to the scene in a matter of hours the equipment of Japanese Navy.

   Japanese already know. Koreans will not know. Korean media should report this fact.

 

[日本語訳]

 親愛なる韓国人と韓国メディアへ。海難事故が発生しました。私は、亡くなったすべての人々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。

 在日米海軍は佐世保基地から救助に行きました。しかし、海上自衛隊は救助には行きません。あなた方にはその理由を知っていますか?朴大統領が日本の協力を拒否したためです。
 マレーシア首相は飛行機事故ですべての国の協力を受け入れました。しかし彼女は日本の協力を断りました。韓国人ならばその理由が判るでしょう。
 彼女は韓国軍最高司令官です。彼女または彼女のスタッフは海上自衛隊と韓国海軍の能力差を知っています。それはイージス艦の数だけではありません。海上自衛隊は沈没した潜水艦から救助するスキルと装備を持っています。韓国海軍は持っていますか?

 船の中の高校生が携帯電話でメッセージを送ろうとしている間、あなた方の韓国大統領は反日を優先することを決断したのです。

 あなた方はどこに佐世保基地があるか知っていますか?それが事故現場に近いのです( http://goo.gl/maps/JIvdJ ) 。海上自衛隊は在日米海軍と同じく佐世保基地を出港することができました。もしくは、在日米海兵隊のオスプレイを使えば数時間のうちに沖縄や佐世保から装備品を届けることが出来たのです。

 日本人は既に知っています。韓国人は知ることができないでしょう。韓国のメディアはこの事実を報道する必要があります。

[日本語訳ここまで]

 以下のFacebookページにもコメントしました。日本語の投稿は駐日韓国大使館が宜しいでしょう。
 韓国外務省のページの最新の記事は独島アピールです。まずは「竹島は日本の領土です」と書いてから事故の話題にうつりましょう。

原発とプルトニウムの輸出により核不拡散に貢献できます

Listening:<地球ING・進行形の現場から>原発輸出 仏エコノミスト、バンジャマン・ドゥシュ氏に聞く – 毎日新聞

 フランスの輸出する原発は軽水炉です。生成されるプルトニウムは原子炉級プルトニウムです。原子炉級プルトニウムで作る核爆弾は必要な技術力が高い割には核出力が低く信頼性も低くなります。
 そもそも盗まなければプルトニウムを調達できない集団や国家に、原子炉級プルトニウムで核爆弾が作れる技術を持った人材や製造設備が用意できるのでしょうか?

 仮に非核保有国が核武装を目指すならば、原子炉級プルトニウムで核武装をするよりも、高濃縮ウランを使った爆縮型の核爆弾を目指したほうがハードルは低いと考えます。さらに高濃縮ウランを用いた爆縮型核爆弾の方が、プルトニウム(兵器級・原子炉級双方)を用いたよりも長期の保管が出来ます。
 核不拡散を目的にするならば、ウラン濃縮施設を作らせないほうが有効なのです。大間原発で採用しているフルMOXの原子炉はウラン濃縮が必要なく、原発を新たに建設する国にウラン濃縮施設を作る口実を与えません。我が国はMOX燃料を大量に備蓄しており、量からすれば輸出が可能です。政治的な課題が解決すれば、フルMOXの原発とMOX燃料の輸出により核不拡散に貢献できます。