沖縄が独立して通貨が琉球ドルになっても、製造業がないので経済的には成り立たないのでは?

 沖縄が独立してしても、製造業がないので経済的には成り立たないのでは?

 独立したら法定通貨は日本円ではなく琉球ドル(仮名)となり、通貨の価値は下落します。通貨が下落したら観光業や製造業が盛り返すのが常ですが。
 ところで、沖縄に雇用を生み外貨を稼げる製造業って何かありますか?隣国の台湾はマザーボードなどを製造する電子立国です。日本はいうまでもありません。

 観光やサトウキビやコールセンター以外に、雇用や外貨獲得に貢献する産業って何かありますか?将来的に安い人件費を求めて日本から工場の移転などはあるかもしれませんが、それでも沖縄本島に限るでしょう。離島はどうするのでしょう。

 ちなみに、尖閣の海底油田を開発するのには台湾へパイプラインを敷設しプラントを建設しなければなりません。石垣島には間に海底の谷があるのでパイプラインは敷設できません。パイプラインは中国海軍の攻撃に晒されやすいので、警備をするであろう台湾海軍の負担も大きくなります。
 仮に独立した琉球が石油の権益を独占しても、警備のコストや雇用などで多くの経済効果は台湾に持って行かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*